12/25(火) クリスマスパーティーゲーム
0

     

    今日は、クリスマス当日!!!

     

    パーティーと言っても

    今日は手作りのパーティーです☆

    子どもたちは、グループに分かれて、

    パーティーのためのゲームのお店を自分たちで考えました。

     

    まずは、作戦タイムです。

    内容が決まったら、

    材料の準備をしていきます。

     

    ⇓ これは、なんのお店でしょう? ⇓

     

     

    看板も自分たちでつくります。

     

     

    完成したら、お店番の人と

    あそびにまわる人に分かれて、

    パーティー開始!!

     

     

    【おばけやしき】

    新聞紙や段ボール、黒色のポリ袋で

    まわりを覆い、中にはおばけ役の子どもたちが

    隠れています。

     

     

     

     

    【あてものや】

    くじを引いたり、クイズに答えたりして、

    最後までいくと「電車の旅」に連れて行ってくれる

    という壮大なお店やさん。

     

     

     

    【ゲーム商店街】

    割りばし鉄砲の射的や

    子どもたちお手製のコイン落としを

    用意しました。

     

     

     

    今日は、

    「なにする?」というところから始まり、

    「これにしよう!」、「やってみよう!」と

    みんなで決めたことをあっという間に

    自分たちの手で作りあげてしまう

    パワーと発想力には本当に驚かされました。

     

    これまでの、プログラムの時間だけでなく、

    日常の中でしていた自由なあそびが

    活かされていることと強く感じた1日でした。

     

     

    | ミライブラリ | プログラム | 20:40 | comments(0) | - |
    12/22(土) ダンボールでつくる「やきゅうばん」
    0

      今日は、ダンボールでつくる

      「手作り野球盤」に挑戦しました。

       

      まずは、ダンボールに外野となる紙を貼って、

      テープでバッターボックスもつくります。

       

       

       

      つづいて、盤の穴になる部分の下書きをしていきます。

       

       

      その穴をカッターやはさみでくりぬいて…

      グラウンド完成です。

       

       

       

      グラウンドのまわりの部分も

      ダンボールを貼り合わせてつくります。

       

       

      続いて、ピッチャーの役割をする部分をつくりました。

       

      そして、守備の選手となる画びょうをさし、

      うしろをグルーガンでとめていきます。

      最後に、バットになる部分をバネでとめたら完成です!

       

       

       

       

      あとは、最初にあけた穴に

      「ヒット」や「アウト」、「ホームラン」などを書き込みます。

      なかには、

      「〇〇のマネをする。」、「○○になる。」など

      いろんなことを書いている子も…。

       

       

      子どもたちそれぞれのお楽しみが詰まった作品になりました。

       

       

       

       

      | ミライブラリ | プログラム | 19:15 | comments(0) | - |
      12/20(木) おふとんのひみつ
      0

         

        今日は、寝具メーカーで働く

        新堀史子さんをゲストにおまねきし、

        布団のことについてのプログラムをしました。

         

        お部屋の中に布団を敷いて、

        その布団の上に座ってプログラムが始まりました。

         

         

         

        まずは、「かけ布団」と「しき布団」の中身について

        教えていただきました。

        アヒルやガチョウの羽や羊の毛のことや、

        とっても希少価値の高い羽毛のことも詳しく聞くことができました。

         

         

         

        続いて、いろいろな実験をしていただきました。

        【実験その1】

        とても希少な羽毛を使った実験です。

        目隠しをして、手を出して…

        その手の中に「ふわっ」と羽を置いてみます…

         

        しかし、羽がとっても軽いので、

        いつ手に置いたのかまったくわからないのです!

        みんな目隠しをはずして、「えーーーっ?!」と驚いていました。

         

         

         

        【実験その2】

        不思議な綿を手に乗せ、「水」をかけ、

        その綿をギュッギュッと握ると…

        あら不思議!その綿が温かく、熱くなってくるのです!

        人の汗など水分に反応して、発熱する綿なんだとか…。

         

         

        そして、次は、クッションづくりをしました。

        見本の「650g」のクッションを

        持ってみた重さや触り心地だけを頼りに、

        同じ重さになるように

        自分たちの手で綿をクッションのカバーに詰めていきます。

         

         

         

        そして、最後は一人ずつ重さをはかって、

        どれだけ見本に近づいたか競争しました!

         

        そして、なんとそのクッションは

        子どもたち一人ひとりにプレゼント☆

        大きなお手製のお土産をいただき、

        子どもたちはとっても嬉しそうでした。

         

         

         

        普段の生活の中でも

        子どもたちにとって身近な「布団」について、

        更にいろんなことを知ることができた時間でした。

        布団は、人が快適に暖かく過ごせるように

        いろんな工夫がされていることがわかりました。

         

        子どもたちもプログラム中は、

        終始、布団の上でごろごろごろごろ…

        気持ち良く過ごしました。

         

        (⇓ お話中も、隙あらば布団にもぐってゴソゴソ…。 ⇓)

         

        | ミライブラリ | プログラム | 20:00 | comments(0) | - |
        12/15(土) 世界で一つのスノードームづくり
        0

           

          今日は、この季節にぴったりの

          『スノードーム』をつくりました。

           

           

          材料には、小さなジャム瓶やフィギュア、

          ビーズやラメを使いました。

           

          はじめに、瓶のふたに土台となる

          スポンジを貼り付けます。

           

           

          そしてその上に乗せる、

          好きなフィギュアやビーズの

          配置を考えます。

           

           

          配置が決まったら、

          接着剤でとめて、

          更にグルーガンで固めます。

           

           

           

           

          そして、瓶の中に舞わせる

          ラメやビーズを入れていきます。

           

           

          その中に水やのりを入れて、

          きっちりふたをしめると…

          ドームの完成です!

           

           

           

          仕上げに、土台を紙ねんどで固め、

          そこにもビーズやスパンコールをちりばめて、

          かわいく、かっこよく、きれいにしてみました。

           

           

           

           

          中身から外見から、

          一つ一つまったく違ったものができ、

          子どもたちそれぞれのこだわりや

          「素敵ポイント」がたくさん詰まった作品になりました。

          キラキラ舞う雪がとってもとってもきれいです☆

           

           

           

          ぜひ、お家にかざって、楽しんでね☆

           

           

          | ミライブラリ | プログラム | 19:21 | comments(0) | - |
          12/14(金) さかさにうつる、虫めがねカメラ
          0

             

            今日は、虫めがねを使った実験工作に挑戦しました。

             

            中をのぞくとひっくり返って映る

            不思議なカメラをつくりました。

             

             

            まずは、黒い紙を切って、

            四角い筒になるように折り曲げていきます。

             

             

             

             

            筒は、大小2種類つくります。

             

             

            その筒に貼ってある両面テープをはがして、

            トレーシングペーパーと丸く穴があいたダンボールを貼り付けます。

             

             

            丸い穴に虫めがねを貼り合わせ、

            2つの筒を合わせると…

            カメラの完成です。

             

             

            簡単なつくりですが、

            筒を前後に動かしてみると

            ピントを合わせることができます。

             

            でも、見えるのは全て逆さ向きの世界。

            ⇓ サンタさんがさかさになっているのが見えますか? ⇓

             

            「なんで反対向きになるん?」と

            不思議に思った子は、

            プログラム後もその原理の解説に

            熱心に聞き入っていました。

             

            | ミライブラリ | プログラム | 20:20 | comments(0) | - |
            12/8(土) ふれるとびっくり、針金ドキドキ棒
            0

               

              今日は、「針金ドキドキ棒づくり」に挑戦しました!

               

              スタートからゴールまで、

              電気の通った線に触れないように

              棒を動かしていくあのゲーム!

              我々スタッフ世代だと、

              「〇ラ〇ラ棒」と言えばわかりやすいでしょうか…。

               

              今回は、「針金」と「ピカピカ光る電飾」を使って

              作ってみました。

               

               

              まずは、電飾のケーブルを切断して、

              長い針金と短い針金につないでいきます。

               

               

               

              切ったりつないだりする度に、

              スイッチを入れて、

              ちゃんと電気が流れて光るかどうか

              確かめながら進めました。

               

               

              電飾が光る仕組みができたら、

              ダンボールを組み立てて、

              針金を曲げてコースを作ります。

               

               

              最後に、手に持つ棒を丸く曲げて、

              完成です!!

               

              スタートからゴールまで、

              コースの針金に触れないように、

              針金の輪っかを動かしていきます。

              万が一、針金同士が触れ合うと、、、

              電飾が光る仕組みです。

               

               

              子どもたちは、

              それぞれオリジナルのコースを作って楽しみました。

              普段の工作に加えて、少し実験の要素もあり、

              また違った楽しみ方ができたプログラムでした!

               

               

              | ミライブラリ | プログラム | 19:02 | comments(0) | - |