2/22(金) ふうせんの上をあるいてみよう!
0

     

    今日は、風船を使った実験あそびをしました。

    テーマは、『風船の上を歩いてみよう!』です。

     

    普通の状態の風船の上に乗ると、

    きっと割れてしまうはず・・・

    でも、あるものを使うと、

    こんな結果になりました。

     

     

    膨らませておいたたくさんの風船を

    圧縮袋の中に詰め込み、

    きっちりと封を閉じます。

     

     

     

    そして、掃除機で中の空気を抜いていくと・・・

    風船の周りの空気がなくなり、

    きゅきゅきゅっとしまっていきます。

     

     

    そうすると、、、

    子ども数人ぐらいなら簡単に乗ってあそべるようになりました。

     

     

    ながーく並べて、

    風船吊り橋をしたり、

     

     

    上に乗ってごろごろしたり、

    何個も重ねて乗ってみたりして、

    楽しみました!

     

     

    最後は、100個以上ある風船を部屋中にばらまいて、

    風船プールの中であそんで、、、終了。

     

     

    割れるか割れないか、

    ちょっとドキドキハラハラしながらも、

    とっても楽しいプログラムでした。

     

     

    | ミライブラリ | プログラム | 20:00 | comments(0) | - |
    2/9(土) 新聞ドームハウス
    0

       

      今日は、『新聞ドームハウス』づくりに挑戦しました!

       

       

      最初は、新聞紙をぴっちりと

      貼り合わせ、大きな正方形をたくさんつくります。

       

       

      次に、その正方形をつなげて、

      大きな正方形にしていきます。

       

       

      そして仕上げにその大きくした新聞紙を

      袋のかたちに貼り合わせ、

      空気を送り込む扇風機をセットします。

       

      3・2・1の合図で扇風機のスイッチをオン!!

       

      しばらくすると、、、

      新聞紙の袋がドーム状にふわ〜っと膨らんできました。

       

       

      そうこうしているうちに、

      新聞紙の袋はパンパンに!!

      まるで、ポテトチップスの袋のようです。

       

       

      最後の仕上げに穴が空いていないかの確認をして、

      いざ!新聞ドームの中へ!!

       

       

      思いのほか大きな空間に

      子どもたちも大喜びで、

      風船をとばしたり、中でごろごろしたりして遊びました!

       

       

       

       

      たくさんあそんだあとは、

      お決まりの・・・ビリビリタイム。

       

      これまた3・2・1の合図で

      子どもたちがドームの中から、

      飛び出してきました!

       

      ⇓ これは、ドームが破れる直前の写真です。 ⇓

       

      最後は新聞にもみくちゃになって、

      プログラムは終了!

      材料や作り方はシンプルですが、

      わくわく感たっぷりのプログラムになりました。

      今度は、また一回り大きなものに挑戦してみたいですね☆

       

      | ミライブラリ | プログラム | 19:15 | comments(0) | - |
      1/30(水) ボトルアクアリウム
      0

        今日は、『ボトルアクアリウム』をつくりました。

         

         

        小さなビンの中に、

        色砂や透明のストーン、

        キラキラの紙で作った生き物入れ、

        自分だけの水族館を表現していきます。

         

        まずは、色砂を入れて、

        土台(海の底)を作ります。

        色にもこだわって、作りました。

         

         

        その後なにを入れるかは、

        お好みで・・・!

         

        魚を作ってみたり、

        透明のストーンの量を調整してみたり・・・

         

         

         

        最後に光るライトを入れて、完成!!

         

         

         

        と思いきや、詰め込みすぎてふたが閉まらない子がいたり、

        ライトとの相性を見て、「ちょっと最初からやるわ!」

        と一からやり直しをする子がいたり・・・

         

        暗いところでライトをつけると、

        また違った楽しみ方ができます。

        子どもたちの

        こだわりの詰まった作品をぜひご覧あれ!

         

         

         

         

         

         

        | ミライブラリ | プログラム | 20:00 | comments(0) | - |
        1/26(土) ジオラマチャレンジ「ゆきのせかい」
        0

          今日のプログラムは、

          『ジオラマチャレンジ』!!

           

          テーマは、「ゆきのせかい」ということで、

          真っ白な雪の世界を小さな箱の中に表現しました。

           

           

          まずは、自分の箱を手に取り、

          必要なものを考えます。

           

           

           

          さっそく紙粘土でカタチを作っていく子や

          材料選びにこだわっている子など、

          スタートの仕方はさまざまです。

           

           

          何か生き物を…と用意したフィギュアの中には、

          きっと「雪の世界」には暮らしていないだろう

          と思われる生き物までいて、

          子どもたちの想像がどんどん膨らんでいきます。

           

           

           

           

          白い世界とはいえ、海や川の部分に色をつけたり、

          吊り橋をかけたりと工夫がたくさんです。

           

          自分の心ゆくまでできた人から完成☆

          世界に一つだけの小さな「雪の世界」ができあがりました!

           

           

           

           

           

           

           

          | ミライブラリ | プログラム | 19:00 | comments(0) | - |
          1/24(木) えんちょうさんに聞いてみよう!
          0

             

            今日は、京都市動物園の園長をされていた

            秋久成人さんにお越しいただき、

            プログラムを実施しました。

             

            京都にお住まいの方ならご存知かもしれませんが、

            京都市動物園は数年前まで大規模なリニューアルが行われていました。

            秋久さんは長年動物園でお仕事をされ、

            そのリニューアルに携わっておられました。

             

             

            まずは、京都市動物園の紹介映像を見ながら、

            そこに登場するいろんな動物のことについて、

            解説してくださいました。

             

             

            動物の生態や性格、特性を最大限に引き出す

            飼育方法や見せ方の工夫、

            治療する際に気をつけていたことなどを

            教えてくださいました。

             

             

            そして、次に登場したのは、

            なんと!動物たちの頭の骨の標本です!

            キリン、ライオン、ツキノワグマ、サル

            皆さん、どれがどの骨か分かりますか?

             

             

            この骨を見たり触ったりしながら、

            まず「歯」のことについて教えていただきました。

            「歯」の違いを見るだけで、

            普段何を食べて暮らしているのかよくよく分かるのです。

             

             

            そして、標本を持ち上げ、

            頭の重さを感じました。

            キリンの骨はとても大きいのですが、

            重さはライオンのものと同じくらいでした。

            なぜなら…頭が重すぎると長ーーーーい首に負担がかかるからだそうです。

            骨の構造は、鳥と似ているそうです。

             

             

             

            最後に、「目の位置」に注目しました。

            獲物との遠近感を感じとる必要があるライオン、

            自分を狙う敵にいち早く気づく必要があるキリン、

            それぞれ目のつきかたがまったく違っていました。

             

             

            そうこうしているうちに、

            あっという間に1時間が過ぎていきました。

            まだまだ聞きたいことがある子は、

            終わってからもお話を聞きに行ったり、

            標本を触らせてもらったりしていました。

             

            子どもたちにとって、

            普段動物園に行くだけでは

            知ることができなかったことを

            たくさん知ることができた

            貴重な特別な時間になりました。

             

             

            | ミライブラリ | プログラム | 20:00 | comments(0) | - |
            1/12(土) ミライブラリをまっしろなせかいに
            0

               

              今日は、

              みんなでミライブラリを「真っ白」に!

               

              まずは、白いシーツでカーペットや棚を隠しました。

               

               

              そして、すずらんテープや大きなビニール袋を使って、

              天井を覆ったり、壁を作ったりしてみました。

               

               

              すると・・・

              ミライブラリが本当に真っ白な空間に!

               

               

              ごろーんと寝転がってみると、

              なんとなく落ち着く空間でもありました。

               

              ミライブラリが真っ白になったら、

              その中でごろごろしたみたり、

              ビニール袋を膨らませて乗ってみたりと

              心ゆくまであそびました。

               

               

               

               

              完成後に、みんなで写真を撮ってみました。

              下の写真の真っ白な空間の中に、

              なんと子どもたちが全員隠れていいます。

              さて、どこにいるでしょう。

               

               

              子どもたちによって、

              こだわるポイントや完成してからの遊び方も違っていて、

              いろんな子どもたちの様子が垣間見れたプログラムでした!

               

               

               

               

               

              | ミライブラリ | プログラム | 20:15 | comments(0) | - |